ビルゲイツの先見性

未分類

2015年4月のTEDのビルゲイツのスピーチを見た。彼の未来を予見する能力に震えてしまった。

 

TEDは時々そのスピーチ(有名人かどうかはともかくほとんど自分は知らない人のスピーチ)をYouTubeで見かけるがその成り立ちなどは良くは知らない。個人的かつ勝手なイメージだが毎年冬にスイスで開かれるダボス会議をもう少しくだけて一般に広めたイメージだ。(ホントに勝手なイメージです。)

 

そのTEDにビルゲイツが5年前の2015年に登壇した。タイトルは”The next outbreak? We`re not ready.”(「次の疫病蔓延は?私達はまだその準備ができていない。」)

 

もし次の疫病大流行(アウトブレイク)が来たら?私たちの準備はまだ出来ていない
2014年、世界はエボラの恐ろしい更なるアウトブレイクを免れる事が出来ました。何千人もの自らの犠牲を惜しまない医療従事者達の努力により―そして、率直に言えば単にとても幸運だったお陰で。 事態を振り返って、私たちにはもっとやるべきだった事が分かっています。アウトブレイクのシナリオに沿った計画立案からワクチンの開発、そして...

 

 

スピーチの冒頭でビルゲイツは自分が子供の頃は核兵器に備えて来たが、これからの数十年(in the next few decades)で数千万人が死ぬとしたらそれは戦争ではなく感染力のあるウイルスだと断言している。

 

タイトルのスピーチに用意し提示したモデルはエボラウイルスとスペイン風。

 

1つ目のモデルは2015年に西アフリカで広がったエボラウイルスの感染拡大のケースを提示している。発生から428日後に1万人が死亡するというものだ。

 

2つ目のモデルは1918年。スペイン風の世界的流行で発生から263日後に3千3百万人が死亡するというもの。発生源は(前提や理由はわからないが)エボラウイルスと同じにしアフリカから色が変わっている。

 

人にとって同じ恐怖をもたらすウイルスでありながら一地域に留まりさほど蔓延せずに収束したエボラウイルス(2015年の場合)と2つの世界大戦の間で世界中に蔓延し何千万人という死者を出したスペイン風の2つのモデルを取り上げその特徴を説明しながらウイルス対策に必要なものが何かを導き出している。

 

1つ目のモデルであるエボラウイルスは人から人へ皮膚の傷や粘膜を通して直接接触して初めて感染するのに対し2つ目のモデルであるスペイン風では空気感染するウイルスとしている。更に、エボラウイルスでは症状が発現するまでは感染力がない(という直接の説明はなかったが)のに対し、より悪い条件として感染しても症状が出ず飛行機に乗ったりして感染が拡大することを懸念している。

 

まさに今起きている新型コロナウイルスの特性をそのままトレースしたかの様なケーススタディである。

 

ただし、このスピーチからビルゲイツが予言者であるとか陰謀説の首謀者と考えたり結びつけるのは少々無理があると思う。個人的には歴史から学ぶ予見者ではないかと思っているが。

 

何故なら今回の感染の始まりは中国武漢であるのに対し、スピーチでモデルに取り上げたのはいずれもアフリカを感染の起源にしている。前提がその様なことであるから、初期対応が重要と力説しながら医療システムが軍の機動性とマッチしたなら感染初期に対応出来ると提言している。(実際は、共産主義国である中国で発生したのでビルゲイツが提唱している様な理想的な準備が整っていたとしても米軍やNATOが初動対応として活躍する場はなかった。)この論法からすると医療インフラが整っていない発展途上国が感染源となることを前提にもろもろの提言をしていることからも今回のウイルス拡大のケースとは異なる。

 

少し話がそれた。

 

結論として、ビルゲイツはウイルス感染対策として必要なこととして次の3つを提唱している。

 

  • 発展途上国の医療システムの構築
  • 即出動可能な医療機関の創設
  • 医療機関と軍の協調
  • 細菌の拡大シュミレーションの実施
  • ワクチンや診断検査分野での研究開発(R&D)

 

この様な対策にどれ程の予算が必要かは分からないが実際にパンデミック(ウイルスや細菌の世界的大流行)が起きたときの損失に比べれば比較にならないとした。無闇に恐れる必要はない。スパゲッティの缶詰を買いだめする必要もなければ、地下室に籠ることもない。ただ、対策するために残された時間はない、と結論づけた。

 

歴史に学ぶ、というのは彼の様な人のことだろう。2つの対照的な事象をどの様に見つけて来たのかは想像出来ないが普段のアンテナの高さや鋭い感性、それに好奇心を原動力にした勉強熱心な姿勢があってのこの様な提言だろうか。

 

それにしてもこれからの時代は冷たい戦争から見えない戦争(Invisible War)に移っていく気がする。ウイルス然り。デジタル戦争然り。

****************

考えていること、感じたこと、喋り言葉、話し言葉、そんななんやかやを書き言葉や文章にすることにいつも関心があります。本業は造船、海運を含んだ海事に特化したライターですが、それに限らず本HPやnoteに載せた文章を読んで頂き関心を持って頂いた方、何か書いて見て欲しいと思われた方。ご連絡、ご依頼があれば嬉しいです。

 

気軽にご連絡ください。

info@maritimejapan.jp

宜しくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました